経営学振興事業について

経営学振興事業は経営学部ならびに経営学とビジネスの振興に関心を持つ人々が終結して、次の点を柱に大学と社会を結ぶ産官学のネットワーク組織です。

(1)講演会・研修会・セミナー等の事業を通じて会員相互のビジネスに関する知的交流を図る。
(2)経営学部・経営学研究科の教育・研究における産官学交流事業を提案、実施する。


【事業案内】

 1.経営学とビジネスの振興に関する事業
 2.人材育成および経営学教育の振興に関する事業
 3.産官学共同の促進に関する事業
 4.会員募集に関する事業
 5.その他振興事業の目的達成に必要な事業

経営学振興事業運営内規

(経営学振興事業の性格)

第1条

本内規は、立命館大学経営学部校友会が、その幹事会のもとで行う諸事業のひとつとしての経営学振興事業(以下、「振興事業」と呼ぶ)の運営のありかたについて定める。

(目的)

第2条

振興事業は、立命館大学経営学部校友会の目的に沿って、産官学交流を基調に経営学とビジネスの振興に寄与し、立命館大学における経営学研究及び教育活動の推進と産業界を始めとする社会の発展に貢献するため、各種の振興事業を行うことを目的とする。

(事業)

第3条

振興事業は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。

(1) 経営学とビジネスの振興に関する事業
(2) 人材育成及び経営学教育の振興に関する事業
(3) 産官学協同の促進に関する事業
(4) 構成員の募集に関する事業
(5) その他振興事業の目的達成に必要な事業

(構成員)

第4条

(1) 振興事業は、この会の目的に賛同する者を構成員とする。
(2) 立命館大学経営学部校友会の構成員は、振興事業の構成員となることができる。
(3)この会の目的に賛同する団体および法人を特別構成員とすることができる。

(事業推進委員会)

第5条

振興事業は、立命館大学経営学部校友会幹事会が定める事業方針に沿って、
3条に定める事業を推進するために事業推進委員会を置く。

(役員会)

第6条

事業推進委員会は、次の役員を置く

(1) 委員長:1名
(2) 副委員長:2名
(3)事務局長:1名(経営学部事務長)
(4) 委員:若干名

(役員の任期)

第7条

事業推進委員会の役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。

(会計)

第8条

振興事業の事業費は、立命館大学経営学部校友会の予決算に沿って事業費明細を作成し、
立命館大学経営学部校友会総会において報告し、承認を受けなければならない。

付則

1.本内規は、2002年11月30日より施行する。


▲ Page Topへ