【2019年度 立命館大学経営学部校友会 総会・講演会開催のご案内】

開催予定のセミナー、交流会をご案内します。

【2019年度 立命館大学経営学部校友会 総会・講演会開催のご案内】

【2019年度 経営学部校友会 総会・講演会開催のご案内】

早春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、’厚く御礼申し上げます。さて、2019年度の経営学部校友会の総会・講演会を下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
講演会の講師には、本学部校友であり、株式会社日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘(わけばやしやすひろ)氏をお招きし、近年企業経営における課題となっています「事業承継とM&Aの活用について」をテーマにご講演いただきます。
是非とも同級生または先輩・後輩でお誘い合わせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

立命館大学経営学部校友会
会長 西形 方良

2018年6月22日(土)開催

場所:立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟2階 AC230

いばらぎキャンパス

企画
① 13:00~14:00 総会
② 14:00~16:00 講演会
③ 16:00~17:30 懇親会
(懇親会はB棟1 F GARDEN TERRACE LIONにて)

2019年度 立命館大学経営学部校友会 講演会

事業承継とM&Aの活用について

分林 保弘 氏

講師:分林 保弘 氏

(株式会社日本M&Aセンター 代表取締役会長・創業者)

日本の中堅・中小企業の社長の平均年齢は60歳、そのうち後継者がいないのが65%、と空前の後継者難が続いています。
その引退までに後継者が見つからない場合は、休廃業やむなしとなります。これを放置すると、2025年までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われます。日本の中堅・中小企業の存続と発展のため、 友好的M&Aをサポートするのが、私どもの使命です。

【会社概要】
東証一部上場企業。株式時価総額約4800億円。経常利益率47%。平均給与1500万円。
米フォーブス誌(2017.5.17)「世界で最も革新的な成長企業ランキング」第25位

【講師紹介】 分林 保弘 (わけばやし やすひろ)
1943年8月生まれ、京都府出身。立命館大学経営学部卒。父は観世流能楽師、母は裏千家茶道教授。自身は3歳で能の初舞台を踏む。大学在学中の1965年、『全米能楽公演ツアー』を企画、実行。全米35州を巡り、20以上の大学で4ヵ月に亘り能楽公演を行う。当時のアメリカ社会・経済に強く影響を受けて帰国。
1966年、外資系コンピューターメーカーの日本オリベッティに入社。全国の中小企業や会計事務所にコンピューターシステムを導入、会計事務所担当マネージャーを務める。会計事務所との交流の中で、企業の「経営権の承継」問題が増加していることを認識。この状況を受けて後継者問題を解決するため、1991年に「株式会社日本日本M&Aセンター」を設立。1992年代表取締役社長に就任、「会計事務所」「地域金融機関」「商工会議所」などの情報をマッチングするプラットフォームの概念を標榜、中堅・中小企業M&Aの社会的意義も理念として確立。2006年10月に東証マザーズ上場、2007年12月に東証一部上場へと同社を導く。
2008年6月より現職。東京商工会議所議員、日本ビジネス協会理事長を歴任。現在、学校法人立命館理事、日本オペラ振興会理事も務める。著書に「中小企業M&Aの時代が来た!」(H&I出版)「最新版 中小企業のためのM&A徹底活用法」(PHP研究所)など。2015年財界研究所より『分林保弘「仕組み経営」で勝つ!』が上梓(村田博文著)される。

●日時:2019年6月22日(土) 14:00~
●会場:立命館大学 大阪いばらきキャンパス A棟2階 AC230

受 付 13:00~
講演会 14:00~16:00 <講演会は参加無料です>
懇親会 16:00~17:30 <参加費:1人3,000 円> B棟1F GARDEN TERRACE LION

<立命館大学 大阪いばらきキャンパスへのアクセス>
JR「茨木駅」から徒歩5分

【問い合わせ先】
経営学部事務室内 経営学部校友会事務局
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
TEL:072-665-2090 FAX:072-665-2099
E-mail:info@ritsba-kouyukai.jp
経営学部校友会HP: http://ritsba-kouyukai.jp/

Web申込はこちら FAX申込用紙はこちら

更新について

▲ Page Topへ

開催予定のセミナー

終了したセミナー