【立命館大学経営学部校友会 経営学部校友会 第3回セミナー・交流会(in大阪)「 大型旅館の総支配人の仕事~生き残りをかけた経営戦略~ 」】

開催予定のセミナー、交流会をご案内します。

【立命館大学経営学部校友会 経営学部校友会 第3回セミナー・交流会(in大阪)「 大型旅館の総支配人の仕事~生き残りをかけた経営戦略~ 」】

Web申込はこちら FAX申込用紙はこちら

更新について

2016年度立命館大学経営学部校友会 第3回セミナー

横田 浩 氏

大型旅館の総支配人の仕事
~生き残りをかけた経営戦略~

講師:横田 浩 氏
(元白浜温泉 旅館「むさし」総支配人)

日本三古湯の一つ白浜温泉。その白浜温泉で唯一の本格和風温泉「むさし」にて55年間旅館業に従事し、その間23年間総支配人として伝統ある旅館を見守り続けた。
時代と共に旅行のスタイルが変わる中、年間12万人を集客してきた経営戦略。旅館業の人材不足の中での幹部社員の育成。外国人観光客のインバウンド問題。様々なトラブル対応、接客指導・・・。
本学経営学部石崎教授(経営学部校友会副会長)との対談形式で、旅館業の昨日、今日、明日を語る。

【講師紹介】
横田 浩(よこた ひろし)
徳島県宍喰町(現海陽町)出身。野球に明け暮れ、元プロ野球監督の上田利治氏が2年先輩にいた海南高校時代にはオール徳島(二塁手)で選抜され、後に大学でも硬式野球部で汗を流した。昭和36年立命館大学経済学部卒業。「むさし」の創業者が同郷という縁をきっかけに、大学在学中からアルバイトで働き「旅行産業はやがて日本の基幹産業に成長する」と誘われて就職を決める。入社間もなく東京営業所に赴任し集客営業で全国を廻った。国内旅行は右肩上がりで次々と団体客を集客する。23年ほど前より総支配人として現場の最前線に立ち、常務取締役として経営の舵取りも務める。旅行スタイルもお客様の価値観によって変化してきたが、常に心掛けてきたことは「パーソナルサービスの感性を高めた接客」に重点を置くことである。
2016年6月30日 円満退社 78歳。

●日時:2月19日(日) 14:00~
●会場:ホテルグランヴィア大阪

13:00~ 受付開始
講演会 14:00~16:00 <講演会は無料です>
懇親会 16:00~17:30 <参加費:1人3,000 円>

<ホテルグランヴィア大阪>
〒530-0001 大阪市北区梅田3丁目1番1号
(JR大阪駅中央改札を出て右手すぐ)
TEL:06-6344-1235(代)

【問い合わせ先】
経営学部事務室内 経営学部校友会事務局
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
TEL:072-665-2090 FAX:072-665-2099
E-mail:info@ritsba-kouyukai.jp
経営学部校友会HP: http://ritsba-kouyukai.jp/

▲ Page Topへ

開催予定のセミナー

終了したセミナー